EZOSHOWへのお問い合わせ
2018年9月6日、北海道にて発生いたしました地震により、
災害の影響を受けた皆様、そのご家族の方々に心よりお見舞い申し上げますとともに、

一日も早い復旧、復興をお祈り申し上げます。 


先人が創り出して来た北海道。

この地をさらに豊かにしていくためにも、

今新たな挑戦者が求められています。

北海道150年。

ここから、フロンティア・北海道の未来を、

一緒に切り拓いて行きましょう!



​【支援金のご報告】おはようございます。昨日報告すべきでしたが、遅くなり申し訳ございません。 沢山の方のご協力、ありがとうございます。こちらの支援金は責任を持って、EZOSHOWよりCANPFIREと赤十字社を通じて、支援金寄付いたします。(赤十字社はまだサイトがオープンし...
[さらに読む]
2018/09/10
​運営、出展者、登壇者と協議し、以下を決定致しました。===このたびの北海道胆振東部地震により、北海道全域に渡り甚大な被害をもたらしました。多くの人命が失われ、家屋への被害、交通網への打撃、産業への経済的打撃、また大規模で長期にわたる停電など、北海道にいた全員が被災者となり...
[さらに読む]
2018/09/07
​EZOSHOWへご参加の皆様 いよいよ明日になりました。 いくつかの出展者および自治体は、今回の地震の影響を受け、参加見送りになっているのですが、登壇者は概ね参加できる予定です。 (明日道内から移動される方もいるので、変更があるかもしれません) サイボウズオ...
[さらに読む]
2018/09/07
平成ノブシコブシ吉村崇 画像

吉村 崇

(平成ノブシコブシ)

生年月日 :1980年7月9日
身長/体重:175cm /67kg
血液型  :A型
出身地  :北海道 札幌市
趣味   :破天荒/政治観賞/ゴルフ
特技   :脇ならし/バランスボールに乗って蹴られても落ちない

平成ノブシコブシ吉村崇さんは、芸能人北海道会の発起人として、北海道出身の芸能人一人一人に声をかけて会を実現した熱い想い道産子です。


今回は、同じ道産子としての北海道への想い、芸能人北海道会のお話しなどを、とにかく明るい安村さんとともにご登壇いただきます!!

とにかく明るい安村 画像

とにかく明るい安村

生年月日:1982年3月15日
身長/体重:177cm /86kg
血液型  :B型
出身地  :北海道 旭川市
趣味   :野球、日本ハムファイターズ、アイドル好き(AKB・Berrys工房)

2018年9月8日(土)START 13:00

イベントは終了しました

EZOSHOWについて

EZOSHOWは、全国の北海道出身者/関係者、北海道が好きな人が集まり、交流し、刺激し、楽しむ場です。


私たちが考える【北海道人】とは出身地や居住地だけではなく【北海道を考える人】です。


新しい北海道を作ろうとしている道内外の挑戦者たちのプレゼンや、北海道出身者によるご当地グルメ、パフォーマンス、北海道の自治体、企業のPRなどを通じて、全国から集まった北海道人で北海道を満喫するカンファレンスです!

道産子も道産子以外も是非ともご参加ください!

※イベント情報は随時更新中です

EZOSHOWを開催する理由

Icon61

魅力・可能性

「日本のフロンティアとしての北海道」の魅力、可能性を様々な形で提示

Icon64

繋がり

すでに新しい「コト」を始めている北海道の挑戦者との繋がりの場を提供

Icon67

コミュニティ

個人、団体を結びつけ、新しい北海道を作るコミュニティを形成

北海道の新たな挑戦者たち

ローカルメディア運営、二拠点居住、U・Iターン、様々な生き方で挑戦する10名のスピーカーです。

Icon13

IN&OUT –ハコダテとヒト-

函館

Icon16

リマンべ
長万部

Icon25

LOVEあばしり
オホーツク

Icon37

トカチアーズ
十勝・大樹町

Icon40

オホーツク島
オホーツク

Icon43

DKdo/なにいろカフェ
名寄を中心とした上川地方

Icon27

札幌移住計画
札幌

Icon30

NPO法人森の生活
下川町

Icon33

ジアンカー

釧路

Icon106

いわしくらぶ
オホーツク

Icon81

井村 圭

SUMARI〜Hokkaido local media trip〜

音更

Icon85

四宮 琴絵

釧路地域クラウド交流会/くしろはてな

釧路

Icon90

磯山 竣

Tsunagu project

東京/札幌

Icon99

千代窪 将大

やとわれ起業家

釧路

第1部:タイムテーブル

タイムテーブル
下川町イメージ写真

“レジェンド”の愛称で有名なスキージャンプの葛西選手の出身地・下川町。毎年全国から、スキージャンプで世界を目指す子どもたちが集まっています。ジャンプだけでなく、町の9割を占める森林も、下川の財産。60年かけて循環する森づくり実現し、持続可能な町を目指しています。2018年からは「SDGs未来都市」の選定を受け、SDGsを取り入れたまちづくり「人と自然を未来へ繋ぐしもかわチャレンジ2030」の実現に向け、邁進中です。

帯広市イメージ写真

帯広市(地域おこし協力隊)

豚丼とお菓子のまちとして有名な、帯広市。食べ物がおいしい秘密は、地場産の豊富で良質な原材料にあります。小麦、豆類、てん菜、馬鈴しょを中心とした畑作、酪農・畜産等、大規模な農業を展開しており、日本の食料供給基地としての役割を担っています。 また産業・経済、医療福祉、教育・文化、行政などの都市機能が集積した十勝の中核都市であり、基幹産業の農業を核とした「フードバレーとかち」を旗印に、地域産業の振興を進めています。

名寄市イメージ写真

名寄市は人口28,000人の道北の中核都市。東洋経済「住みよさランキング」では毎回道内で上位に選ばれており、その理由は医療福祉施設や、量販店、名寄大学などの教育機関が充実している点。豊かな自然とおいしい農産物、あたたかな人間関係という田舎の良さと、買い物や飲食店などが充実している住みやすさの両方を兼ね備えています。近年は冬季スポーツに力を入れており、リレハンメル五輪金メダリストの阿部雅司さんも名寄に在住しています。

背面にアポイ岳と日高山脈、前面に紺碧に輝く太平洋をたたえる人口約4,300人の様似町。穏やかな海洋性の気候と豊かな大地の広がりのなかで、水産業・農畜産業が主産業の歴史と伝統が息づく町です。ジオパークの取り組みを核とした総合的なまちづくりを進めており「アポイ岳ジオパーク」は2015年ユネスコ世界ジオパークに認定されています。本年10月には日本ジオパーク全国大会・アポイ岳(北海道様似町)大会が開催されます。

旭川地域(旭川市、東川町、東神楽町、鷹栖町)は北海道の楽しみが凝縮。
冬はスキー,夏はトレッキングと一年中遊び倒せる「大雪山国立公園」や子どもから大人まで大人気の「旭山動物園」。旭川-羽田空港間は1日7便と充実。
産業団地も分譲開始しました。こんな方におすすめしてます!

・アウトドア漬けになりたい方

・何よりも食べるのが幸せな方

・ものづくりに没頭したい方

・平日は東京,週末は北海道という方

・一緒に地方のまちを元気にしたい方

釧路市

釧路市は、全国的にも珍しい2つの国立公園(釧路湿原国立公園、阿寒摩周国立公園)を抱え、国の特別天然記念物である“タンチョウ”や“阿寒湖のマリモ”を観察することができる自然豊かなマチです。阿寒摩周国立公園がある阿寒湖温泉地区には、先住民族のアイヌの人々が暮らしながら文化を継承する場として、国内最大規模の「アイヌコタン」があり、アイヌ文化を間近で感じることができます。

また、近年、全国的に夏の猛暑が続くなかで、釧路市の夏季の最高気温平均は約21℃(2008年~2017年7~9月)と、まさにマチ全体が天然クーラーです。

冷涼な気候を生かした様々な取り組みを行っており、『北海道体験移住「ちょっと暮らし」』利用者数では、7年連続で北海道内第1位となり、多くの観光客の皆様にお越しいただいています。

占冠村は北海道のほぼ中心に位置し、札幌からも約90分、新千歳空港や帯広からも約60分と交通アクセスも抜群!

星野リゾート・トマム、クラブメッドトマムがあり、夏は雲海やボルダリング、冬はスキーなどリゾート気分を満喫できます!
津別町

津別町は、人口約4,800人、総面積の約86%を豊かな森で占める林業・林産業と農業が盛んな町です。女満別空港から市街地まで車で30分、阿寒摩周国立公園をはじめ、知床、釧路湿原、大雪山の国立公園が日帰り圏にあります。 

2017年より、街中の空き家をリノベーションして、そこに新しい事業を生み出していく「道東エリアリノベーション・プロジェクト・イン津別」を立ち上げました。

今年度中に空き家を活用してゲストハウス・コワーキングスペースが出来上がる予定で、今面白い動きが見られる町です。

北海道を愛するシェフがフード提供

パーティーを盛り上げる、北海道グルメ。

その魅力を十分に伝えてくれるのは
高円寺にある【割烹DISCO大蔵】
大蔵のページから、お店の想いを拝借・・・
====
読んで字の如く割烹でありディスコである大蔵のメインコンテンツは”出逢い”である。日本中の点と点が、特産が名産が、地元の味が、ここ高円寺で結実すればどんなに素晴らしいだろう。
====

Image217
Image217
Image217
Image217

※写真はイメージです


ミルキークラウン乳業

ミルキークラウンソフトクリーム

標茶町にある北川牧場で大切に育てられたブラウンスイス牛の生乳を使ったソフトクリームが有名!
「札幌シメパフェ」の代表でもあるミライストカフェで提供されるパフェにも使用されている、絶品の味を東京で食べることができるかも!?

Snow Jewels

しろみつとろきび

ファームデザインズとの共同出展
野菜、農産加工品をご紹介、販売いたします!

Snow Jewels目玉商品は、江別産のしろみつとろきび(コーン)
こちらも楽しみにしてくださいね!

ファームデザインズ

ファームデザインズのクッキー

SNOW JEWELSとの共同出展

「北海道の牧場からあなたの街へ。」ファームデザインズは北海道浜中町で牧場とレストラン、その横で小さな工房を営んでいます。牧場からしぼりたての低温殺菌牛乳をつかったチーズケーキ、プリン、牛サブレなどのクッキーは全て手作り。牧場madeならではの、牛LOVEがこもったお菓子たちは、全国にはばたいています。


KADOKAWA

北海道ウォーカーも出版しているKADOKAWAが、EZO SHOWに参戦!
書籍のPRとともに、メディア発信のご協力もして頂きます!
担当の方も道産子です!!

EventBox

EventBoxは2018年2月に起業した新しい会社です。イベントのマッチングサイトを2020年までにローンチ予定。現在は、映像コンテンツを中心とした広告代理店業務をメインとしています。社長の森田は北海道江別市出身で北海道にまつわるコンテンツについても今後作っていく方針です。



クリプトン・フューチャー・メディア

Domingo


今回EZO SHOWでは、「北海道ぐるっとシアター」用に撮影された映像素材の中から、シアターでは見られないとっておきのVR動画をご用意いたしました。また北海道の179市町村とあなたを繋ぐ地域密着型情報アプ「Domingo」のPRブースを展開します。




NoMaps実行委員会

札幌・北海道という象徴的な開拓の地で、クリエイティブな発想や技術によって次の社会を創ろうとする“現代的フロンティアスピリット”を持った人たちのためのコンベンション「No Maps」がEZOSHOWに参加!

Open Network Lab HOKKAIDO

オンラボ北海道

Open Network Lab HOKKAIDOは、北海道新聞社と株式会社デジタルガレージの合弁会社、株式会社D2 Garageが2018年からスタートした北海道初のシードアクセラレータープログラムです。 北海道の豊かな資源の活用や、直面する課題を重点テーマとして設定し、それらにアプローチするプロダクトやサービスを生み出すスタートアップ企業を支援します。

ポッカサッポロ北海道

「リボンナポリン・リボンナポリンクラシック」

ポッカサッポロ北海道様より「リボンナポリン・リボンナポリンクラシック」のご提供を頂きました!

今回は北海道限定商品、北海道150年ロゴもパッケージデザイン内に入っており、東京ではなかなか手に入らないレアものとなっております。

​雪印メグミルク

道産子のソウルドリンク「ソフトカツゲン」

雪印メグミルク様より180ml版を200本ご協賛いただきました。
こちらはお持ち帰りNGのため、当日会場にてストローを挿した状態での配布となります。

北海道日本ハムファイターズ

北海道日本ハムファイターズ様より、2016チャンピオンロゴと選手のユニフォームの襟に刻まれた七光星がデザインされた貴重なデザインのバックのご協賛を頂きました!!

東京の街にファイターズのバッグを持った人たちが溢れるとインパクトがありますね!

アビサル・ジャパン

シュクレ オーガニック シュガーリング マッサージ

株式会社アビサル・ジャパン様からは、オーガニック シュガーリング マッサージのご提供を頂きました!

お子様にも使えるほど優しい北海道産のてんさい糖と野菜で作ったスキンケア商品は、肌の弱い娘さんのために社長である幟立さんが開発した商品です。

ホテル ヌプカ

旅のはじまりビール

ホテル ヌプカ様からは、十勝のクラフトビールである、「旅のはじまりビール」をご提供いただきました。

色々なストーリーが詰まったビールになります。ぜひご堪能ください。

Fattoria Ricco

摩周ラムネ

Fattoria Ricco様より、規格外となってしまった摩周メロンを利用した珍しいメロン羊羹「摩周の大地」と、「摩周ラムネ」おご提供を頂きました。
道東の摩周湖を思い出してみてくださいね。

1992年生まれ、旭川市出身。監督・俳優。

「Lemon&Letter」でベルリン国際FM映画祭他で最優秀主演男優賞(外国語映画部門)を受賞。他に9/15日からテアトルで新宿で上映される「飢えたライオン」等、話題作に出演を重ねる。

監督としても作品を発表し、かさま映像コンペティションでグランプリ、札幌国際短編映画祭他に入選。 池袋シネマロサの新企画「 the face」の第一弾に選ばれ、1週間の特集上映が行われる等、新たな注目を集めている。

品田誠
逢坂芳郎

映像作家1980年、北海道・幕別町生まれ。

帯広柏葉高校を卒業後渡米。現在は東京を拠点に国内外で活動。企業広告、ドキュメンタリー、MV、映画等、活動範囲は様々。
2014年、生まれ故郷の十勝地方を世に広めるための企画として台湾の新人旅行社員が初夏の十勝を巡る短編映画「My little guidebook」を制作。2016年には続編(冬編)の「My Little guidebook ICE」を発表。同作品を十勝の公共財として位置付け、Youtubeで世界へ向けて無料配信している。映画の詳細は下記ウェブサイトでご覧ください。

My little guidebook websiteはこちら


同作品は夏編・冬編共に札幌国際短編映画祭で上映され、「北海道最優秀監督賞」を受賞(2015年、2017年)。

個人のHPはこちら

1972年札幌市生まれ。
スポーツやポートレイトなどをメインに活動するフリーカメラマン。以前、二輪雑誌のツーリング企画を担当し、日本各地を旅して巡る。その経験を活かして自然と人の美しき関係をテーマに活動中。特に生まれ故郷である北海道の風土や歴史などにフォーカスを当てて撮り続けている。

webサイトはこちら

高橋直行
伊藤広大

1983年、天塩郡幌延町生まれ。
㈱インプレス認定ドローングラファ。本業の傍ら、ドローンを使った映像作品の制作に取り組む。

北海道宗谷地方を舞台とした作品『NORTHERNMOST』で、国内唯一の空撮コンペティション 『 Drone Movie Contest 』 グランプリ&審査員特別賞を同時受賞。

映像作品はこちらから


ドローンを使用した空撮業務を行いつつ、 ライフワークで故郷でもある釧路湿原の映像作品を作っている。
2017年、館岡事務所所属。

webサイトはこちら

高橋直行

2部:アフターパーティタイムテーブル

内容
18:00 スタート
18:05-18:35 Live1 ゲストは全日本女子チア部!!
19:00-19:30 豪華!北海道関連商品が当たる!「EZOSHOW大抽選会」
19:40-20:10

Live2 ゲストはMOS!

20:30
クローズ


※アフターパーティはフリードリンクとご用意した料理(無くなり次第終了)のビュッフェ式となっています